バックアップ体制②

いい家庭教師の選び方

「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」 参考サイト
「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」  バックアップ体制

小学校高学年向け
例えば中学受験の場合などでは、、受験対策するコースはもちろんのこと、 進学塾併用のパターン・または、苦手科目の克服などのコースがあります。 夏休みを利用した短期の家庭教師をつけることも出来ます。 偏差値60近くまでの私立中学受験の生徒が対象。
また、独特の出題傾向にある難関校受験向けの家庭教師もつけることが出来ます。
さらに、受験目的で無くとも自身の学校での勉強についていけなくならないように、学校で習ったけど分からないようなことも家庭教師がサポートしてくれる、公文式やチャレンジなどの学習方法も併用OKの特別補修コースや、勉強、または生活の習慣付けのために家庭教師を派遣してもらえるコースもあります。

中学生向け
まず多くの中学生が高校に入学するために入試という壁にあたる事になるのですが、家庭教師で高校入試ももちろん協力にバックアップ!
例えば、通常では高校入試コースなどでは、公立高校から難関校、県外の進学高校まで希望する高校全ての傾向や対策を厳しく常に調査しており、その結果から導き出した学習カリキュラムを提供します。
また、最近競走の厳しい中高一貫校などの入試対策にも対応しています。
また普段の校内での定期テスト・内部進学テスト対策での派遣では、テスト前だけに来てもらって、効果的に勉強を教えてもらう事や、苦手科目克服のためにも、家庭教師の迅速な派遣が可能です。苦手科目の克服では、中学生が特に陥りやすい英語科目の克服・効果的な学習法の指導なども日々行っています。

高校生向け
高校生向けでは、いよいよ大学進学を意識し始めで入試内容が非常に高度になり、競争率も激しくなっていきます。そんな状況の中でも勝ちあがっていくのに、トライのサポートが役に立つかもしれません。
大学入試でのサポートや、センター試験の対策、志望校に合わせた指導や、推薦入学のための対策も親身にサポートします。推薦入試の場合、小論文などの書き方なども、添削などを行った上でより良い点数の取り方なども伝授します。
また中高一環校向けでは、一般的な高校などよりも授業の進むペースが速いことが多くあり、高校2年の段階では、全てのカリキュラムが終了してしまう場合があるほど。そんな授業のスピードについていきにくい生徒のサポートも強くしています。なおかつ入試問題の一部もでる程難しい定期テストや、内部進学テストなどのも対応しています。
苦手意識克服講座では、科学の波動だけ苦手・古典が苦手・日本史の資料問題が苦手など、細かい一単元ごとの苦手なものも、ピンポイントで逃すことなく教える事ができます。