料金体系

いい家庭教師の選び方

「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」 参考サイト

HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方  料金体系

家庭教師の料金には一体どのようあものがあるのでしょうか?
家庭教師の利用料金は現在では様々な種類があります。学年、受験対策、志望校によっても変わってきます。尚、契約後のトラブルを避けるためにも料金面ではしっかりと理解しましょう!

入会金
家庭教師の派遣を始めてもらう際にまず最初に支払う料金のことです。尚現在では、大半の家庭教師センターは入会前に家庭教師を紹介し、なおかつ体験授業をした上で入会することができるので非常に安心です。ただし、一部の家庭教師センターでは入会してからじゃないと、教師を紹介しない業者もあるようです。尚、この入会金の目安としては、一万円〜三万円となっています。

体験授業料・面接料
始めに教師を紹介されて、体験授業や面接を行った際に支払う料金のことです。これらは業者によって大きく差はありますが、通常の授業と同額の場合もあれば、無料の場合もあります。また無料の場合でも、営業マンが契約書を持って同席し、断りにくい状況ということもあるようです。

授業料金
入会後の通常の授業料のことです。通常だと、1時間や90分単位等、または時間で区切られています。これらは生徒の学年や、受験対策ができるかどうかなど、指導する教師の実績などでも大きく金額は変わってくるようです。尚、契約の際にこれらもきちんと確認しましょう。また、その際には金額だけではなく支払い方法も確認しましょう。通常の家庭教師の場合は「1か月分、後払い」が原則です。中には「数か月分の一括納入」や「ローンを組む」ような業者は、後々トラブルになることが多いのオススメは出来ません。

教師交代料
これは「教師との相性が合わない」「受験対策に強い先生がいい」などの理由で、教師を交代するときに支払う料金です。この金額も業者によって様々ですが、無料の業者もあれば、数千円〜一万円の請求をされる業者もあります。尚、お子様と最も相性の良い教師を探すためには、出来れば無料の業者を探したいものです。しかし悪質な業者では、わざと希望とは違う教師を派遣し、教師交代料を請求するところもあるようですので注意が必要です。

教材費
家庭教師の指導を当たるに受けて、始めに教材の購入を義務付ける業者もあります。この場合だと、通常の授業料のみだけではなく、高額の教材費を請求されることがあります。このような業者は、教材を売ることを第一の目的としていることが多いので、その後のフォローが十分ではない時が多々あります。よく、検討し直してみましょう。

中途解約料
契約期間満了前に解約する際に発生し請求される料金です。この経緯から考えられるように、中途解約料を請求するような業者はあまりお薦めできません。それらは家庭教師やサービスの質が悪く、あらかじめ解約を阻止するために設定していると考えられるからです。